这个好萌~~

 昔江戸の本所の伊呂波長屋の奥に、山口浪之介と光川新衛門という浪人が、一緒に暮らしていました。この二人は小さい時からの友達で、ずっと同じ殿様に仕えていましたが、殿様の家がつぶれて以来、長い浪人暮らしで、今ではその日の米代にも困るありさまです。「浪之介、こんなことをしておっては、二人とものたれ死にをするばかりだ。いっそ、別々に暮らしの道を考えてはどうだろう?」「なるほど。それもよかろう。では新衛門、三年たったりまたあおう。きっと、忘れずにな」二人は、会う場所と時間を決めて、かたく約束して別れました。
 月日は流れて、まもなく三年です。ところが、山口浪之介のほうは、どう間違ったのか、世間に名高い盗賊になって、東海道を股にかけて荒らしまわっていました。それがある日、役人につかまり、昨日やっとのことで逃げ出して、海へと逃れたのです。その時、ハツと、約束の日のことを思いだしました。「そうだ。このまま東へ漕いで、江戸へ下ろう」浪之介は、むしょうに新衛門に会いたくなりました。が、運の悪いことに、突風に会って、あっという間に舟も櫓とも、波に呑まれて死んでしまったのです。
 その頃光川新衛門は江戸に残って、南町奉行所の調べ役になっていました。友達の浪之介が盗賊になって、江戸に人相書までまわっていることを、よく知っていました。今日は約束の日の朝。
 「たとえ、浪之介がどのような身になろうと、わしにとっては、かけがえのない友達だ。会おう。やはり会いに行こう。」新衛門がこう心を決めたその時、なんと目の前に浪之介が坐っているのではありませんか。「おお、浪之介。よく来た」そう言って、新衛門ははっとしました。ばかな、人相書までまわっているお前が、なんでおれの家などに来るだと思いました。「さあ、浪之介、おれが後をむいている入間に、どうか逃げてくれ。」すると、浪之介はさびしく笑って、こう言いました。「何を言うのだ。おれはお前の手で縛ってもらおうと思ったからこそ、わざわざここまでやってきたのではないか」浪之介は、小伝馬町の牢に入れられました。ところがその夜、番人が見まわりに行くと、「新衛門殿に、くれぐれもよろしく」といい残し、にっこり笑って、スーッと消えてしまったのです。浪之介の坐っていた牢の床は、びっしょりと濡れていました。それも、塩気のある海の水だったそうです。
 浪之介は死んでも、約束通り友だちの新衛門に会いに来たのでした。

注1:本文僅供學習交流之用,請大家支持正版
注2:碼字也是體力活,轉載請注明出處,並附注1

作者:Miyu
婷婷嫋嫋疏離,飄飄搖搖相依。