放开那个团子><!

猿蟹合戦 昔々、カキの種を拾った猿が、おいしそうなお握りを持った蟹に、ばったりと出会いました。猿は蟹のお握りが欲しくなり、蟹にずるいことを言いました。「このカキの種を播けば、毎年おいしい実がなるよ。どうだい、お握りと交換してあげようか?」「うん、ありがとう」蟹は大喜びで家に帰り、さっそく種を播きました。そして、せっせと水をやりながら、
 ♪早く芽を出せ、カキの種
 ♪早く芽を出せ、カキの種
 ♪出さねばはさみで、ほじくるぞ
 すると、さっき播いた種から芽が出てきて、ぐんぐん大きくなりました。
 ♪早く実がなれ、カキの木よ
 ♪早く実がなれ、カキの木よ
 ♪ならねばはさみで、ちょん切るぞ
 今度はカキの木に、たくさんのカキが実りました。ところが、蟹は木登りが出来ません。困っていると、さっきの猿がやってきました。「ありゃ、もうカキが実ったのか。よしよし、おいらが代わりにとってやろう」猿はするすると木に登ると、自分たけ赤いカキの実を食べ始めました。「ずるいよ。猿さん、私にもカキを下さい」「うるさい、これでも食らえ!」猿は蟹に、まだ青くて固いカキの実をぶつけました。「痛い、痛い、猿さんずるい」蟹は大けがをして、家に帰りました。そして、見舞いに来た友達の臼と蜂と栗にその事を話しました。
 話しを聞いたみんなは怒りました。「ようし、みんなであの猿をこらしめてやろう」みんなはさっそく猿の家に行き、こっそり隠れて猿の帰りを待ちました。「おお、寒い、寒い」ふるえながら帰ってきた猿が、囲炉裏に当たろうとしたとたん、囲炉裏に隠れていた栗がパチーンとはじけて、猿のお尻にぶつかりました。「あちちちっ、水だ、水」お尻を冷やそうと水瓶のところへ来ると、水瓶に隠れていた蜂にチクチクと刺されました。「痛いっ、痛いよう、たすけてぇー!」たまらず外へ逃げ出すと、屋根の上ら大きな臼が落ちてきました。「わぁー、ごめんなさい、もう意地悪はしないから、ゆるしてくださーい!」
 それから猿は、みんなと仲良くなりました。

注1:本文僅供學習交流之用,請大家支持正版
注2:碼字也是體力活,轉載請注明出處,並附注1

作者:Miyu
婷婷嫋嫋疏離,飄飄搖搖相依。