昔の昔、鳩はほんとにねじけ者で、ちっとも親の言うことを聴かぬ子であったそうです。親が山へ行けと言えば田へ行き、田へ行けと言えば畠へ出て働いていました。親が死ぬ時に静かな山に葬ってもらいたかったけれども、そう言うと又反対の事をするだろうと思ってわざと川原へ埋めてくれと頼んで死にました。
 ところが鳩は親が死んでから、始めて親の言うことを聴かぬのは悪かったと心付きました。そうして、今度はその言いつけの通りに、川原へ行って親の墓をこしらえたのだそうであります。然し、川のふちでは、水が出るたびに墓が流れそうで気がかりでたまりません。それ故に今でも雨が降りそうになると、この事を考え出して悲しくなって、ととっぽっぽ・親が恋しいと言って鳴くのだそうであります。もう少し早くから、親の言うことを聴いておればよかったのであります。

注1:本文僅供學習交流之用,請大家支持正版
注2:碼字也是體力活,轉載請注明出處,並附注1

作者:Miyu
婷婷嫋嫋疏離,飄飄搖搖相依。