福の神になった貧乏神 昔々、働き者なのに、とても貧乏な夫婦がいました。ある年の暮れ、二人が大掃除をしていると、やせた鼠のようなものが、神棚から出てきました。「わしは貧乏神だ、お前たちがあんまりまじめに働くから、わしはこの家を出て行く。達者でな」そう言って、ヨタヨタと歩き出しました。すると夫婦は、「貧乏神と言っても、神様には代わりありません。どうか、この家にいて下さい」「うん?わしは、貧乏神だぞ」「はい、貧乏神さま。大切にしますので、どうか、お願いいたします」と言って、無理矢理に貧乏神を神棚に押し戻しました。
 それから夫婦は、毎日神棚に食べ物をあげ、まじめに働き続けました。気がつくと、いつの間にか夫婦は、お金持ちになっていました。そこで、倉のある大きな家を建てました。 今日は引っ越しの日です。夫婦は神棚に向かって言いました。「さあ、貧乏神様。一緒に新しい家に参りましょう」すると神棚からは、きれいな着物を着た神様が出てきたのです。「お前たちのおかげで、このとおりになった。礼を言うぞ。これからもよろしくな」
 夫婦に大切にされた貧乏神は、いつのまにか福の神になっていたのです。

注1:本文僅供學習交流之用,請大家支持正版
注2:碼字也是體力活,轉載請注明出處,並附注1

作者:Miyu
婷婷嫋嫋疏離,飄飄搖搖相依。